役割を引き寄せて!

役割を引き寄せて!

24歳の引きこもりが ポノポノ と アファ で自立するまでの日誌

【体験談】アセンション症状・耳鳴りを体験しました ②(2月6日)

アセンション体験 -耳鳴り

f:id:aisyuudog:20180207020709j:plain

(1月15日)
アセンション体験で「体内の振動数」が急上昇した数日後、アセンション症状の1つとされる「高音の耳鳴り」を体験する出来事がありました。

 

そして、昨夜(20:47)再び「耳鳴り」を体験しました。

 

 

前回より「高く、細く」


今回の音は、前回に比べて「高く、そして細い」 微かな音量で聞こえる「耳鳴り」でした。

子供にしか聞き取れない音「モスキート音」の、高周波に似ていたと感じました。 子供時代の記憶だから、少し弱いですけれど。

体感のイメージとして、”糸よりも細い”「音の線」が私の顔面を正面から、突き抜けている様な感覚でした。 私に対して「情報を与えている。」というよりも、私が「迷い込んでしまった」とする方が、正しいかと思います。

 

聴こえたキッカケは?

f:id:aisyuudog:20180206234749p:plain

 徹夜で記事作成をしていた私は、「午後7時半」に一度、意識を飛ばして、「8時10分」辺りまで寝ていました。 

そうして起きたものの、酷く凍えて、意識がぼーっとします。 時間が長く感じられ、体を動かすのが億劫。 この状態に覚えがあります。「3日寝ていなかった時の トランス状態」です。

「ホ・オポノポノ」を唱えると、案の定「身体の芯」が焼けるような感覚を受けます。 簡単に表現すると「魂の身体拒絶モード」っすかね?

つまり、「扉が開いた」というのが「かっこいぃ…(SRTR_MZH)」

 

ママー!変な人がいるー!

f:id:aisyuudog:20180206174049j:plain

 「ふへへ…」

実際には 発動条件は良い物ではありませんでした。

「家族の言い争いの気配」を感じて、早く逃げ出したくなった。 そんな時「耳鳴りが聴こえだした」

一瞬「軽い痛み」が走った。これを私は知っている。 人格の優先順位が「変わる兆候」だ。 一度では起こらない、何度もこの刺激を受け続けると、私の「バランサー」が変わってしまう。

 最近は「彼ら」を感じなくなっていた、私はすぐにその場から離れた。幸い「彼ら」は近くに来てはいないようだった。

 

耳鳴りの影響は?

f:id:aisyuudog:20180207015313j:plain

特筆すべきことは「何も」ない! 引っ張っておいてごめんね! でもでも、聴こえたって事は、「次元」が上がったままの状態な訳よ。 すごくなーい、よくよくなーい?

巫山戯ると、急に手が止まる。 オートモードが切れてしまう様だ。 

本当に何も浮かばなくなった。 最後に話したかった事をまとめて、終わろうと思います。

 

同じ「境遇」とシンパシー

f:id:aisyuudog:20180207014758j:plain

昨夜「21時50分頃」に、こんな記事を書いた

 

書くキッカケは、あるブログの投稿記事だったんだけど、何故か急に「書こう」と思い立った。 トランス状態で、思考もまとまらない状態だったんだけど、「頭は軽い」っていう、不思議な状況だった。

その時の「気持ち」と、嬉しかった事を書いていく。

________
______
___
...

f:id:aisyuudog:20180207013317p:plain

 身体が「熱」を帯びる

 
(2月6日 21:30)

上半身が熱を帯びている。頬が火照り、脳だけが「激しく”駆動”」している。 肉体が戸惑いつつも、一歩遅れ、「彼」に付き従う。今、この瞬間だけは「彼ら」は従順でなければならない。

 時間をかけては駄目だ。15分以内に書き上げなければ。 考えては駄目だ、「文章の校正」は理性の仕事である。 今、私が持っている「熱」を早く焼き付けなければならない。火が漏れてしまわぬうちに。音が消えてしまわぬうちに…。

____。

 

 

 

事の始まりは、とある「ブログ記事」だった。

 

なんたる絶叫か、なんたる悲痛か、

どうしてここまで「私の心」を 強く 揺さぶるのか。

どうして、こんなに懐かしく感じるのか。 

彼女の文章は、私の心を「共鳴させる」 不思議な魔力を持っているらしかった。

 

 

私が以前に歩んだ「道のり」を、彼女は今日、歩き出そうとしている

その第一歩を踏み出そうとしている。

 

私は居ても立っても居られなかった、この内に湧いてきた「熱」を何処かへ発散しなければ、私は、どうにかなってしまいそうだ!

結局やる事は見つけられなかった。だから、せめても「励ましたい」と思った。彼女だけではない、同族達が、「私へと波を伝える彼らを」勇気付けなければならない。

何も出来ないが、形だけでも残さなければならない。そんな不明な脅迫が、私を眠らせず、考えを巡らせ続けるのだ。

 

 

終わりに

 

どうしても、上手く、「響く言葉」が書けない!

f:id:aisyuudog:20180207033005p:plain

いくら考えても、出てくるのは「昔読んだ哲学書」の文脈なのだ。

日本語は伝達が重たい。 ふと、湧いてきた「アイデア」も言葉にする前に、消え去ってしまう。早く、何か別の伝達手段が欲しいものである。

この世界は重たい。もう、ズレが直せなくなってしまった。

 

最後にもう一度「関連記事」を宣伝!

 

追記!

嬉しかったこと

この「記事」の投稿で、読者が「44」人になり、そのまま止まった事。

1時間半くらいは、ずっと「44」のままだった。嬉しいなぁ。

記録によると

22.32 劇場に任せて書いた文章で 読者が「44」になった嬉しい

と書いてある、ワンチャン(22:22)で「44」人になってたとしたら、最高にイカれてるよな

冗談でも、思い込みでもないはずだ!

明らかに異常だぞ!

  • タイミングが合いすぎる
  • 不安になれば、必ず「22と44」
  • ゾロ目よりも、「ミラー数字」を多く見始める
  • 「乱雑な数字」でもメッセージが伝わってくる。

 

こういう「オカルト記事」を書くたびに、疲れたって思う。本当に疲れた。まだ35日目かー。疲れちゃったなぁ「3:55」うわ、35だって調べるか

 

エンジェルナンバー【35】

アセンデッド・マスターは、あなたにスピリチュアルな気づきとパワーを増やすような変化を起こすよう言っています。愛に満ちた、強力なマスターと協力して、あなたの中にある、もうあなたにも大いなる光にも役に立たない部分を癒し、あるいは手放してください。

エンジェルナンバー【35】~実践編~

アセンデッド・マスターの助けや保護によって、好ましい変化が、あなたのところにもたらされています。

xn--n8jx07hl4dx2oy5n.net